3月8日

【チャームポイントの被毛は、実用性も兼ね備えていた!】

【トイ・プードルの被毛の特徴とカラー】

[トイ・プードルの巻き毛にはこんな秘密が!]

<毛量が多くてふわふわ>

クルクルのカーリーヘア(巻き毛)は、量も多くてボリューム満点。そのため、カット次第ではガラリとイメチェンも可能。毛質は柔らかめで弾力があり、なでずにはいられない手触りのよさです。

<体温を維持しやすい>

クルッと巻いた毛のすき間に空気を含むことができるので、体温をキープしやすいメリットが。暑さは苦手ですが、少々の寒さならへっちゃらです。

<水に浮きやすい>

体温が維持できるのと同じ理由で、巻き毛に空気を抱き込めるので、それが浮き袋の役割を果たして水に浮くことができます。かつては水猟犬で、泳ぎが得意だったのも頷けます。

<下毛がないので抜け毛が少ない>

犬の抜け毛の多くは、ダブルコート(二重毛)のうちのアンダーコート(下毛)が抜け落ちているのです。プードルは下毛がないので、抜け毛が少なく、床の掃除もラクチン。

[ただし!]

[毛玉ができやすいのでマメにブラッシングを!]

抜け毛が少ないということは、ほおっておくと伸び続けて、毛がからまりやすいということ。毛玉ができてからではトリミングにも手間がかかるので、ふだんからこまめにブラッシングをする習慣をつけましょう。

PAGE TOP