ティーカッププードル・トイプードルブリーダー【ケンネル マッシュ】トイプードルのお手入れ

子犬の安心ダブル保証 ティーカッププードル・トイプードルのブリーダー【ケンネルマッシュ】のロゴマーク
電話番号=072-333-6758
トップページ子犬のご紹介プードルのお迎えにあたり子犬のご見学についてお問合せ

■ トイプードルのお手入れ・・・お手入れもまた楽しい!

トイプードルティーカッププードルはシングルコートなので抜け毛が少ないのがメリットですが、逆にデメリットでもあります。
毛が抜けないということは、人間の髪の毛のように際限なく伸びるんです。
プードルは巻き毛ですので、伸びた毛は放っておくとすぐに毛玉になり、ほどけなくなってしまいます。
もっと放っておくと毛玉がフェルトのようになっってしまうんです。
特に、耳の付け根、足の内側、シッポの付け根、足先と足裏など、良くこすれる所が毛玉になりやすく、
まめにブラッシングのお手入れをしてあげる必要があります。

 ・ ブラッシング

体全体をスリッカーブラシでブラッシングして抜けそうな毛を取り除きます。
スリッカーブラシで絡まった毛をすこしずつほぐして毛玉や絡みをといてあげます。
※ブラッシングで気をつけることは、あまり力を入れすぎないようにすることです。
スリッカーの先端は針金状になっているので、皮膚を傷つけてしまうことがあります。
顔などはコームで少しずつほぐしてあげてください。

 ・ 耳そうじ

トイプードルはたれ耳で、また、耳の中に毛が密集して生えているので、ムレがちで、
耳からニオイがすることが良くありますが、掃除をしてあげれば解消できます。
週に1回は、イヤークリーナーをさし耳の外側から指でクチュクチュともみ、綿棒かカンシにコットンを巻きつけて掃除をしてあげてください。
また、耳の中の毛もカンシで抜いてあげてください。抜くときは、ゆっくりではなく、一気に引っ張って抜いてしまうのがコツです。
あまりにも耳垂れやニオイが気になる場合は動物病院でご相談下さい。

 ・ 目のお手入れ

トイプードルは毛がすぐに伸びるので目やにがつきやすくなります。
また、伸びた毛が目に入り、涙やけをおこしやすくなります。
涙と目やには放っておかずに気づいたときに拭いてあげるようにしましょう。
あまりにも涙や目やにが多い子は動物病院でご相談下さい。

 ・ 歯みがき

健康な歯は真っ白で、歯ぐきはピンク色をしています。
ただ、手入れを怠ると、歯は黄ばみ、歯ぐきは黒みがかって悪臭を放つようになります。
この状態で放っておくと、歯槽膿漏を引き起こし最悪、歯がなくなってしまいます。

歯みがきは子犬のうちから慣らしておくことが重要です。
歯石がたまった場合は、全身麻酔をして手術をしなければ除去ができません。
子犬の場合はできるだけ毎日、やわらかい人間用の歯ブラシや濡れたガーゼで、歯と歯ぐきをこすってください。
本当にこれを行うだけで、口臭は減り、歯が老後も残るようになります。

歯を考えた食事は、できるだけドライフードを食べさせるようにしてください。
ウェットフードは、歯みがきをしても汚れが落ちず、歯槽膿漏になる確率が高いです。

 ・ つめ切り

つめ切りは、できるだけ頻繁に行うようにしてください。(できれば週1、最悪月1)
犬は爪のなかに神経と血管があり、放っておくと爪と一緒に伸びてくるからです。
この状態でつめ切りをすると、キャンっと悲鳴をあげ、血も出てきます。
また、つめを伸ばしたままにしておくと、肉球にくい込み、歩くごとに痛みを感じるように
なってしまいます。


トイプードル子犬
VISAカード決済UCカード決済JCBカード決済 カード決済OK!(手数料10%) ティーカッププードルの子犬はこちら
ブリーダー
ティーカッププードル販売 ・ トイプードル販売 ・ 法律に基づく表記 ・ 個人情報保護方針 ・ お問合せティーカッププードル
ティーカッププードル・トイプードルのブリーダー【ケンネルマッシュ】電話番号
Copyright 2013 KennelMush information. All rights reserved. Never reproduce or republicate without written permission.